ゲーム好きがPS4の世界を楽しみます!

AkkyGames

KOFオールスター勝つ方法

KOFオールスター

【KOFオールスター】リーグ戦やアリーナ戦で自分よりレベルが高い相手に勝つ方法とコツ

投稿日:

KOFオールスターでは、通常のメインストーリーやクエストだけではなくリーグ戦やアリーナ戦が存在しています。

このコンテンツでは3対3で実際のユーザーのキャラ達とバトルを行うことになります。

そうなると当然自分よりもレベルの高い相手とのバトルになるので、かなり苦戦することになります。

そこで、ここではリーグ戦やアリーナ戦で勝つための方法、すなわち戦術についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

リーグ戦やアリーナ戦の特徴

リーグ戦やアリーナ戦へは右下の「バトル」から参加できる。

まずは、この2つのバトルでの特徴をご紹介しましょう。

この2つのバトルに関しては、通常のメインストーリーやクエストと異なる点がいくつかあり、それが有利に働いたり不利に働く事もありますので、事前に把握しておきましょう!

前後移動のみのステージ

まず一つ目の特徴としては、ステージ上で動ける範囲の違いでございます。

KOFオールスターにおいて、通常のバトルであれば前後左右に移動することができるので、かなり広範囲に攻撃を避けることが可能でございます。

しかし、リーグ戦やアリーナ戦に関しては左右への移動ができず、完全に前後のみの行動となるのです。

レベル差によるスタックはない

続いての特徴としては、レベルや戦力差による攻撃のスタック(ダメージは入るけど攻撃に対して無反応な状態なども含む)のシステムが無いという事です。

すなわちレベル1のキャラがレベル60のキャラに攻撃しても、しっかりとダメージと共に仰け反ってくれるので、比較的コンボを決めやすい環境となっているのです。

あっきー
むしろ、これが無ければ自分より高レベルの相手に勝つことは難しいですね(汗)

メンバーチェンジができない

通常のバトルであれば、相手がコンボをかましてきた際にメンバーチェンジで一時的に連続攻撃を中断させるというテクニックがありますが、リーグ戦やアリーナ戦に関してはこの手法は出来ません

もちろん、サポートキャラを使用する事も出来ないので、完全にそのキャラとプレイヤーの操作技術のみだけで戦わなければいけないのです。

 

高レベル相手に勝つ方法

KOFオールスターの技

それでは以上の事を踏まえて、実際に自分よりもレベルの高い相手に勝つ方法を実践してみたいと思います。

ちなみに、相手のレベルが高いと

・受けるダメージがデカい

・反対に与えれるダメージが少ない

この2つのハンデがある状態ですので、かなり慎重に攻撃を当てて行く必要があり、なおかつ相手の攻撃は可能な限り避ける必要があります。

ガード<回避

KOFオールスターでは相手の攻撃に対して行える行動として、ガード回避(緊急回避も含む)の2つがございます。

あっきー
攻撃を受け止めるという選択肢も含めるなら3つかなw

しかし、ガードに関しては確かにダメージの軽減には繋がりますが、レベル差がある状況ではガードしている状態のダメージ量でも蓄積すればかなり痛いです。

なので、リーグ戦やアリーナ戦ではガードではなく基本的には回避で相手の攻撃を避けるようにしましょう。

ちなみに、オススメの回避先は相手の背後です。

若干、間合いの把握が難しいですが、成功すれば攻撃を行なっている相手の背後から安全に攻撃を打ち込むことができるのです。

出し惜しみなしで技コンボ!

続いてのコツは、技の出し惜しみを行わずコンボを決めるという事です。

前述では紹介していませんが、リーグ戦やアリーナ戦の特徴にはもう一つ優位にバトルを運べる要素がございます。

それは、技のクールタイムは次のバトルには引き継がれず、バトル開始時にはいつでも技を打てる状態でスタートできるのです。

なのでチビチビ技を使って相手に反撃の隙を与えるより、技を全部使って回避でクールタイムを回復→技を全部使う・・・という方法の方が確実で安全なのです。

一人に経験値を集中させる

KOFオールスターを始めて間もない場合は、キャラを均等にレベル上げすると、なかなか強いキャラが育ちません。

これはメインストーリーでもリーグ戦やアリーナ戦でも不利に働く可能性が高いです。

なので、可能であれば一人だけでも50以上のレベルのキャラを育てることがオススメです。

上記の動画にもあるように、コツを掴めば一人のキャラだけでも十分に自分よりレベルの高くても3人抜きが出来るバトルですので、一人のキャラを集中的に育成することも考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-KOFオールスター
-,

Copyright© AkkyGames , 2019 All Rights Reserved.