ゲーム好きがPS4の世界を楽しみます!

AkkyGames

Beat Saber

PS4

PSVRのBeat Saberを買う前に注意!アバターや曲数について。

最近、YouTubeでBeat SaberというVRのリズムゲームのプレイ動画を見る機会がありました。

そして、影響しやすい私の性格から、早速PSVRをモーションコントローラー×2個を購入したのですが、購入した後にとんでもない事に気付いたのです。

今回は、そんなPSVRのBeat Saberの注意点についてご紹介いたします。

あっきー
ちなみに、感化された動画はこちら

あっきー
チャイロさんと言う方の動画ですが、カッコ良過ぎでしょ(汗)
スポンサーリンク

PSVRのBeat Saberならではの注意点

PSVRとモーションコントローラー

それでは早速、PSVRでBeat Saberをプレイする前に把握しておきたい項目について、順番にご紹介させていただきます。

アバターの作成が出来ない

まず、一つ目の注意点かつ私が一番ショッキングだったのは、なんとPSVRのBeat Saberではアバターの作成が出来ないのです。

YouTubeで見かける動画のほとんどは、アバターと呼ばれるキャラが本人と同じ動きで映像に映し出されているのですが、残念ながらこの機能を使えるのはBeat Saber用のMod導入ができるゲーミングPC版のみで、PSVRでは一人称だけのプレイとなるのです。

曲数が少ない

2つ目に注意したい点としては、曲数が少ないことが挙げられます。

特に日本の歌などは、PSVR版には入っていませんのでその点は非常に残念でした。

あっきー
この曲とか、初めて聞きましたがプレイしてみたかった・・・

日本語対応していない

3つ目の注意点は、日本で発売されているのに日本語対応できていない点です。

これは微妙に英語が読める人からすればそこまでデメリットにはならないでしょうが、英語はサッパリと言う人にとってはかなり厳しい環境と言えるでしょう。

あっきー
なんか、この時点でローカライズ(翻訳)されていないゲームって、今後のアップデートにも不安が・・。

 

それでも買ってよかったBeat Saber

Beat Saberが面白い!

以上がPSVR版のBeat Saberにおける、私が考える注意点です。

実際に私が「えっ?」と感じた事をピックアップしましたが、他にもパソコン版ではモーションコントローラーがVRゴーグルとセットになっているので、PSVRの別売りシステムに戸惑いをもたれる方もいます。

ちなみに、PSVR版のBeat Saberをプレイするための環境を整える総額よりも、PC版の環境を整える方が総額は高くなりますので、そういったコスト面ではPSVRの方がコスパは高いです。

あっきー
PC版はゲーミングPCの費用が超高いですからね(汗)

それに、すでにプレイしてみましたが、かなりPSVR版でもかなり楽しいです!

そして、デスクワーカーにとってはこれくらいの動きでも良い運動になるので、普段運動しない方にはむしろコスト低めなPSVR版がお勧めとも言えるでしょう^^

モーションコントローラーの購入に注意

いつもなら、アマゾンの購入ページも紹介しているのですが、現在アマゾンのモーションコントローラーの出品に転売屋が殺到していますので、これに関してはゲオやビックカメラなどの実店舗での購入をお勧めします。(この記事を作成時点での話です)
あっきー
転売屋から必要以上のお金を払わずとも、店舗に在庫があるもしくは取り寄せも可能ですので、無駄な出費は最小限に抑えましょう^^

スポンサーリンク

-PS4

Copyright© AkkyGames , 2019 All Rights Reserved.