ゲーム実況でFullscreen, Inc.などから著作権違反が来た場合の異議申し立ての方法

YouTubeでゲーム実況をしていると、何の著作権違反もしていないのに違反通告を受ける事があるでしょう。

しかも、申請をしてきた会社はプレイしているゲームとは何の関係もない会社である事が多いです。

そこで、ここではそんな時の異議申し立ての方法をご紹介いたします。

異議申し立ての方法

YouTube Studioの画面

自分のYouTubeアカウントの管理画面にこの様に著作権違反の通告が来てしまった場合、そのまま放置しておくと偽の会社(今回で言えばFullscreen, Inc)に動画の収益を横取りされる事になります。

なので、そうなる前に可能な限り早めに対処する必要があります。

そして、その対処方法というのは「異議申し立て」でございます。

「異議申し立て」を選択

まずは、違反申告を受けた動画にある「操作」から異議申し立てを選択します。

するとポップアップが表示されます。

この画面は普通にゲーム実況をしている場合は問題ありませんので、下に表示されているチェックボックスにチェックを入れて次に進みましょう!

タイプの選択について

次にタイプの選択についてですが、このページでは2番目にあたる「ライセンス」を選択しましょう。

もちろん、ゲーム会社からライセンス証を受け取っているわけではありませんが、ライセンス自体は基本的にゲーム制作会社のHPに記載がありますので、そのページの存在がライセンスの証明として使用する事が可能です。

要件の確認について

そして、3ページ目では実際にライセンスの存在を証明するための入力欄が設置されています。

なので、ここに以下の様な文言を打ち込んで送信すれば、ゲーム実況に置ける不当な著作権違反の異議申し立てが完了となります。

ソフトメーカーの規約に則り配信していますので著作権の侵害はないものと考えます。
ゲームソフト公式サイトのURL

 

面倒だけど異議申し立てすべき

正直、働きながらゲーム実況されている方の場合、かなり時間的にしんどい環境でしょうから、いちいちこういった詐欺まがいな行為を行う輩を相手にするのは面倒臭いです。

面倒臭いですが、コレを行わないと相手がエスカレートしてどんどん違反申請を出しまくって、他の動画にも同じことをされる可能性があります。

なので、ここは負けずに頑張っていただければと思います。

あっきー
異議申し立て自体は、慣れれば1件30秒ほどで完了しますので、10件来てても5分で済みますよ^^

© 2020 AkkyGames