ヘブバンのシャトルラン

ヘブンバーンズレッド

【ヘブバン】シャトルラントとは?メリットや最適ステージをご紹介

2022年3月11日

ヘブバンを遊んでいる方であれば「シャトルラン」という言葉を聞く機会があるでしょう。

しかし、ヘブバンでのシャトルランが何を指しているのかまで把握されていない方もいると思いますので、今回はこのシャトルランが何なのか、どういったメリットがあるのかについてご紹介いたします。

ヘブバンのシャトルランとは?

このヘブバンのシャトルランというのは、シンプルな表現でいうとマップの端から端までを何度も往復するして、エンカウントする敵を撃破しまくる事を指します。

メイン・イベントステージで行う

シャトルランはマップのあるステージで行うものです。

加えて、キャラが負けない限りは永遠に継続する事ができるステージである事が条件となりますので、記憶の迷宮などバトルによるエネルギー消費があるダンジョンなどでは行う事が出来ません。

その為、シャトルランができるステージはエネルギーの概念がないメインストーリーやイベントストーリーでマップ移動を伴うステージでのみ行う事ができます。

「過去をふりかえる」から可能

ヘブバンでは「過去をふりかえる」という機能が搭載されています。

その為、既にクリアしてしまっている日のステージであっても、過去を遡って再度挑戦する事が出来る様になっています。

このシャトルランは基本的に初挑戦のステージでも行う事ができますが、状況によっては初挑戦のステージでは難易度が高すぎてオートバトルで周回させるシャトルランでは効率が悪くなっています。

なので、一般的なシャトルランはすでに強化も進んでオートバトルでも味方が倒れない難易度になっている過去のステージで周回する事になります。

 

シャトルランのメリット

ヘブバンのシャトルランがどういったものなのか分かったものの、一体この行動に何のメリットがあるかのと疑問に感じられる方もいると思います。

しかし、このシャトルランは他の育成コンテンツでは達成させることが難しい事も可能となる、かなりのメリットを含んだ育成方法となっているのです。

キャラのレベルアップ

ヘブバンではステージ道中のバトルに勝利する事でも、微量ではありますが経験値を獲得することが出来ます。

なので、少量ではありますがそれを何度も繰り返すことで、高レベル帯のキャラであってもシャトルランだけでレベルアップを行う事ができる様になります。

ただ、シャトルランにおけるキャラのレベルアップはあくまで副産物という扱いになり、メリットは他にもあるのです。

討伐点によるバトルレポートの獲得

シャトルランの2つ目のメリットは、何度も周回させる事で討伐点を稼ぐことができる点です。

この討伐点は、そのステージクリア時にキャラの経験値素材であるバトルレポートに変換してくれるものです。

当然、討伐点が高ければ高いほど受け取れるバトルレポートの質と量は上昇しますので、大量にバトルレポートを入手できればそれだけキャラレベルをあげる事が可能となります。

育成素材がドロップする

シャトルラン3つ目のメリットは、地味に嬉しい育成素材がドロップする点です。

ドロップする育成素材は、基本的に殻石(ほど確定ドロップ)と各属性のプレリオン溶液(中確率ドロップ)です。

どちらもアリーナの自動周回で回収が可能な素材ですが、時間単位の効率で言えば実はシャトルランの方がより多くの素材を入手する事ができるのです。

あっきー
もちろん一回のバトルに掛かる時間が遅いと効率は落ちますが(汗)

スキルレベルアップ

そしてシャトルランの最大のメリットは何といってもスキルレベルを上げる事ができるという点です。

この記事を作成している時点では、スキルレベルを上げる方法はそのキャラの各スタイルで能力強化を行う事と、バトル勝利時に超低確率でスキルレベルが上がるという2通りのみです。

能力強化でスキルレベルを上げる方法が一番効率の良い方法ではありますが、実はこの方法で挙げられるスキルレベルはせいぜい3~4が限度となっています。

なので、スキルレベルMAX(Lv10)を目指すには、何度も何度もバトルに勝利する必要があります。

あっきー
ちなみに、アリーナのオート周回ではスキルレベルは上がりません。

もちろんプリズムバトルや記憶の迷宮でもスキルレベルは上がるのですが、かなりの低確率となっていますのでライフ消費なしで何度も敵とバトルができるシャトルランが一番スキルレベルを上げられる可能性が高い方法となっているのです。

注意

そんなスキルレベルアップですが、実はレベルアップするスキルは完全ランダムとなっています。

しかも、その時のバトルで使用していないスキルであってもレベルアップする事があり、更に言うとそのバトル中ずっと後衛にいたキャラのスキルも上がる事があるのです。

なので、レベルを上げたいスキルを狙ってレベルアップさせるのは至難の技となっています。

 

シャトルランにおすすめの場所

そんなシャトルランですが、前述でもご紹介の通りオートバトルだけでもキャラが倒されない難易度である必要があります。

また、ステージごとにドロップする素材も異なりますので、どのステージでシャトルランを行うかも考える必要があります。

現在の育成状態でオートバトルに耐えうるステージも異なりますので、ここからは難易度やドロップする素材別にオススメのシャトルランの場所をご紹介します。

2-24

特徴 簡単かつスピーディーに往復できる
ドロップ素材 斬・突
目的 素材集めに最適

唯一の2章ステージとなりますので、当然出現する敵も比較的弱く1回のバトルに要する時間も短くなっています。

また、拾えるエンチャントもエクストラターンや毎ターンSP+2(後衛)など有用なものが揃っていますので、2章をクリアしたばかりという方でも周回しやすいステージとなっています。

3-9

特徴 簡単かつスピーディーに往復できる
ドロップ素材 斬・打
目的 素材集めに最適

シャトルランに適しているステージの中でも3章で一番難易度が低いステージが、この3-9です。

推奨戦力は9,000ほどで、3章に突入したばかりの方には少し難しいステージですが、3章の後半に差し掛かっている方には丁度いい難易度のステージとなっています。

また、サポートで戦闘開始時に先輩のサポート攻撃が発生し、敵のDPダメージに加え脆弱効果も付与してくれる為、単純な推奨戦力9,000よりは簡単に周回が可能なステージです。

3-11

特徴 簡単かつ回復サポートがある為、事故率が少ない
ドロップ素材 斬・打
目的 素材集めとスキルレベル上げをバランスよく行える

自分が頻繁にシャトルランに活用しているステージが、この3-11です。

このステージでは、ロリータ先輩(菅原)が援護に入ってくれ、毎バトル開始時に回復を施してくれます。

なので、事故率も低く最も安定して周回する事が出来る事から個人的にもお勧め出来るステージです。

3-14

特徴 敵が強く1戦の時間が長い
ドロップ素材 突・打
目的 スキルレベル上げに最適

現状では、シャトルランにオススメできるステージの中でも難易度の高いステージとなっていますので、スキルレベル以外の育成要素がかなり進んでいる方にのみオススメできるステージです。

ただその代わりに、スキルレベルには敵が強い程上がりやすいという性質(公式生放送で運営が発言)を持っている事から、このステージを周回できる場合はここより前のステージに比べてスキルレベルを上げやすい環境となっています

ただ、微妙にマップが短いので、オート移動の設定の頻度は高めとなっており、端末をちょくちょく触れる環境でないと効率的にシャトルランができないという注意点も存在します。

 

まとめ

以上が、ヘブンバーンズレッドでのシャトルランに関する情報のご紹介となります。

シャトルランは基本的にスキルレベルを主な目的として行うものですので、1章や2章を進行中の方は意識しなくても良い育成方法となります。

しかし、3章の後半になってくると一気に難易度が鬼難しくなりますので、そこで詰まってしまっているユーザーは積極的にシャトルランを行われる事をオススメします。

あっきー
ちなみに、自分も3章ラスボスで詰まったので日々シャトルラン実践中です^^;

-ヘブンバーンズレッド