プラエデ

スマホゲーム プラエデ

プラエデってどんなゲーム?世界観やバトルシステムなど楽しめるアプリか判断

レッド:プライドオブエデンというケモ耳の女子だらけのスマホゲームがあります。

Appランキングでも長い間100位以内にあるアプリですので、その内容が気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は、このプラエデというゲームの内容をご紹介いたします。

ストーリーや世界観について

まずは、プラエデのストーリーや世界観について紹介していこうと思います。

プラエデのストーリー

ゲームの始まりは主人公が火事の中、猫を助ける際に死んでしまうところからスタートします。

そして異世界への転生という人気の設定が適用され、女神(エヴァンテ)によってケモ耳女子が存在する異世界へと飛ばされるのです。

そこで、いきなりメインキャラであるエイプリルと遭遇し、なんやかんやあってケモ耳女子で構成されるプライドというグループのリーダーになり、クエストをこなしながら仲間を増やしていく事になります。

プラエデの世界観

先ほどから登場している「ケモ耳」という存在ですが、このゲームでの異世界の住人は全てがレッド(この世界ではケモ耳のことをレッドと呼ぶ)である訳ではありません。

基本的に大多数の人間は一般的な人間と同じではありますが、一定数の女の子に限りレッドとして様々な動物の特性が発現する様になっています。

また、レッドになってしまう事で変化するのは見た目だけではなく、身体能力や魔法を使える様になるなどの変化もあることから、レッドを危険視する人間もいる様です。

あっきー
ちなみに、少しネタバレになりますが大人になるとレッドも普通の人間に戻ります。

 

バトルについて

続いては、プラエデのバトル関連についてご紹介いたします。

バトルシステム

プラエデのバトルシステムはターン制で基本オートで進行されます。

各キャラ共にスキルを持っていますが、そのスキルも奇数ターンに自動的に発動されますので、ほとんど放置するだけでも可能です。

ただ、必殺技だけに関してはSPゲージが満タンになっていれば、任意のタイミングで放つ事ができます。

フルオートにする事で必殺技もオートで発動させる事が可能。

ちなみに、ターゲットなどもそのキャラの攻撃対象設定が自動的に適用されますので、戦術としてはバトル開始前のメンバー選定と隊列、そして必殺技を出すタイミングのみとなります。

バトルの長さが難点

なお、このバトルシステム自体にはアプリの特色でもありますので、特に問題とは思わないです。

しかしプラエデのバトルには「長過ぎる」というかなり大きな問題が存在しているのです。

私が同時進行で遊んでいるプリコネと比較すると分かりやすいですが、プラエデのバトル時間は本当に長い!!

プリコネはWAVE3まであり、対してプラエデは(現状)WAVE2までしかないにも関わらず、そのバトル時間はプリコネの2~4倍ほどの時間がかかってしまいます

前述でもご紹介の通りプラエデは基本放置のバトルですので、その長時間のバトルの間何もする事がないので凄まじく暇になるのです。

あっきー
これはかなり痛いデメリットですね。。。

WAVEに注意

プラエデのコンテンツの多くのバトルでは基本的に6:6を一回行うだけで、それにクリアする事で勝利する事になります。

が、ストーリーのバトルや一部コンテンツのバトルではWAVE2など6:6を複数回しいられる事があります。

もちろん、WAVE1→2への移行の際にはWAVE1で受けたダメージなどもそのまま引き継がれて戦い続ける事になりますので、WAVE1で大きく消耗してしまうとクリアが難しくなります。

しかし、SPゲージもWAVE2に引き継ぐ事ができますので、WAVE1で必殺技を使わずに貯めておくという戦法を取る事が可能です。

複数WAVEのバトルの場合、WAVE1の敵は弱く必殺技無しでも勝ちやすいです。

キャラの強化は大変

そんなプラエデのバトルですが、基本的にはキャラの性能がものを言う世界です。

多くのゲームでも採用されているレベル強化に加えて、装備や友好度、覚醒や突破など様々な項目を満遍なくあげていく事が必要になります。

キャラレベルや才能はユーザーランク以上はあげれない仕組みです。

そして、それらを強化するには各コンテンツを周回する必要があるのですが、装備取得コンテンツ(天使の塔)以外はスタミナを使用して挑戦しなければなりません。

しかし肝心のそのスタミナがかなり枯渇する仕様になっており、いわゆる盆栽ゲームとなってしまっている要因の一つになっているのです。

あっきー
人によっては、プリコネと酷似したシステムと言った方が分かりやすいかな?

 

個人的なプラエデの総評

以上のことから、プラエデは案外しっかりしているゲームという印象を受けました。

が、上記でも少し触れていますがシステムなどはプリコネに酷似しており、バトルはプリコネよりも時間のかかるものですので、遊びやすいゲームとはとても言えないものとなっています。

あと、ガチャが酷過ぎるのも更にマイナス点ですね。

プラエデのガチャ排出率
【ガチャ検証】プラエデでSSRが出ないので、確率を計測する事にしました!

レッド:プライドオブエデン略してプラエデがここ最近リリースされ、Appランキングでもそこそこ上位にいるので試しに遊んでいるのですが、例に漏れずガチャで最高レアのSSRが一体も出ていません。 という流れ ...

続きを見る

あっきー
400連でSSRが0%という報告もあるので、マジでエグいですね(汗)

そういった点も考慮すると、プラエデは「ケモ耳がめっちゃ好き!」という方が楽しむ用のスマホゲームだと言えるでしょう。

そうでなければ、頻繁にフェスや石を配っているプリコネの方が快適に遊びやすいゲームですので、こちらに流れるメリットは少な目ですね。

もし、プラエデが気になっている方がいらっしゃいまっしたら、この記事が参考になればと思います^^

-スマホゲーム, プラエデ
-, ,

© 2020 AkkyGames